TOPページに戻る

出会い掲示板から削除済の男爵さんの投稿
福岡県の男爵さん(既婚)の出会いソフトsmパートナー
ソフトsmやコスプレ、イメプレが好きです。
クンニも好きで何時間でも舐め続けます。
舌が長いので女性には喜ばれます。
筆先で、乳首を軽く撫でられた事ありますか?
乳首が敏感な女性はこれだけで逝きますよ。
目隠しして、手足を縛り、筆で感じるポイントを責められたいと思いませんか?
コスプレで手足を拘束して、パンストを破りながらの疑似レイププレイは凄く興奮しますよ。
秘密は守ります、病気もありません。
プライバシーには干渉しません。
安心して僕にまかせてみませんか。
ルックスは年齢相応ですが、不快感は無いと思います。
平日の昼間も時間の都合は付けられます。
性欲は普通より少し強いようです。
pサイズは普通。(泣)
遅漏です。
体調が良ければ何時間でも挿入可能です。
メールからはじめませんか。
56歳 登録日時:2021/11/03(水)00:41


TOPページに戻る

出会いサイトのシステムについて

  • 出会い系サイト規制法の改正により、いわゆる出会い系サイトは、出会い系サイトのユーザーが児童でないことを確認する義務が新たに課せられました。 しかしながら、当、出会い系サイトにおきましては、法律の定めに従って出会いサイトの運営をすることは、非常に困難であるという結論に達しましたことから、 出会いサイトの改変をし、出会い系サイト規制法の適用を受けない出会いサイトへと出会いサイトのシステムを変更いたしました。 出会い掲示板の変更内容について以下に簡単に説明をいたします。

  • 従来型の「出会い掲示板」のシステムは、出会い掲示板から送信されたユーザーのメッセージは、電子メールによって目的のお相手に届られる出会いのシステムでした。
    ところが、出会い系サイト規制法では、そのような挙動をする出会いサイトの掲示板プログラムの役割のことを「相互に連絡することができるようにする役務」と定義づけ、そういった働きをする出会い掲示板プログラムをインターネット上に設置して、男女が出会いコミュニケーションを取れるようにした出会い系サイトのことを総称して「インターネット異性紹介事業」と定義づけています。

  • よって、一般の出会い系サイトと同じように特別な法の規制法を受けることなく運営できる出会いサイトにするためには、「相互に連絡することができるようにする役務」を提供しない出会いサイトでなければなりません。
    そこで、この「相互に連絡することができるようにする役務」に該当するのは、どのような出会い系サイトの場合なのか、また、該当しない出会い系サイトはどのような出会いのシステムなのかを調べてみましたところ、現在、採用しております出会いのための「伝言ボックス」形式の出会いコミュニケーションであれば、同法に規定されている「相互に連絡することができるようにする」という法の定義には当てはまらない出会いシステムであることが分かりました。
  • そのような事情から、新たな出会いシステムでは、出会い掲示板から送信された出会いの為のメッセージは、出会いサイトのウェブ上に設置された出会いのために設けられた「伝言ボックス」に保存されるようになり、その後の出会いコミュニケーションについても同じ出会い系サイト内の伝言BOXでやりとりしていただく出会いの方式へと変わりました。

    因みに、「相互に連絡することができるようにする役務」についての法律の解釈を説明しておきますと、出会いコンテンツ利用者自身が自分のメールアドレスを書き込みの中に含めたことによって、お互いが電子メールで連絡できて、出会えるようになることについては、「相互に連絡することができるようにする役務」には該当しないこととされています。よって、新たな出会い系システムである伝言ボックスでは、出会いサイトのユーザーは、自分のメールアドレスを書き込みの中に含めることは自由にしていただくことができますが、法律とは全く別問題として、メールアドレスを収集する目的で出会いサイトを利用する悪質な利用者を排除するために、はじめの数回だけはメッセージ中にメールアドレスを含めると自動的に削除されるような仕様とさせていただいておりますので、その点につきましてはご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • なお、出会いのシステム変更にあたっては、出会い系ユーザーの操作性の面において、できるだけ従来の出会いシステムからの変更内容を意識することなく利用いただけるように充分な配慮を心がけた設計にしておりますので、これまでと同じように出会いサイトをご利用いただくことで、特に戸惑うことなく出会い系サイトを利用していただけるものと思っております。
    また、今回新たに出会い系サイトのメッセージ送信フォームには、[メッセージBoxID]という入力ボックスが追加されましたが、 [メッセージBoxID]の意味を理解されるまでは何も入力せずに空欄のままでご利用していただくことを推奨いたします。















Copyright © 2000-2018
All rights reserved.