[TOP]
   
 
▼北海道・東北地方/女性登録者一覧▼ 現在登録者数:2253名
登録者数:本日3/昨日4 現在までの累計: 31138名
登録者名 年齢 住まい ひとことPR 婚姻 登録日時
敦子 43 福島県 imodeユーザー 未婚 2017/10/18(水)15:58
48 山形県 携帯ユーザー 既婚 2017/10/17(火)21:28
由実 35 新潟県 EZwebユーザー 既婚 2017/10/15(日)15:13
さえ 28 福島県 imodeユーザー 未婚 2017/10/12(木)18:21
もも 49 北海道 EZwebユーザー 未婚 2017/10/11(水)23:03
紅花 57 宮城県 imodeユーザー 既婚 2017/10/11(水)22:01
りこ 33 北海道 携帯ユーザー 既婚 2017/10/11(水)14:52
瑠璃 40 宮城県 真剣です。 未婚 2017/10/10(火)14:50
奈美 40 宮城県 imodeユーザー 未婚 2017/10/8(日)12:37
みゆき 31 福島県 携帯ユーザー 未婚 2017/10/4(水)04:22
まり 45 宮城県 imodeユーザー 既婚 2017/10/2(月)21:10
まゆ 27 宮城県 携帯ユーザー 既婚 2017/9/30(土)10:34
33 青森県 携帯ユーザー 既婚 2017/9/28(木)12:01
うさこ 26 北海道 携帯ユーザー 既婚 2017/9/26(火)17:25
かお 34 北海道 携帯ユーザー 未婚 2017/9/24(日)08:21
紅花 56 宮城県 imodeユーザー 既婚 2017/9/19(火)20:33
真弓 28 山形県 よろしくね 未婚 2017/9/18(月)18:40
43 北海道 EZwebユーザー 未婚 2017/9/12(火)21:53
ひろみ 48 宮城県 携帯ユーザー 未婚 2017/9/10(日)15:27
ミント 40 宮城県 メールから 未婚 2017/9/10(日)08:22
   

次のページへ

  • 登録者のメールアドレスが携帯電話のアドレス(@docomo.ne,jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.ne.jpなど)の場合には
    ひとことPRの欄には自動的に柿色で「imodeユーザー」「EZwebユーザー」「SoftBankユーザー」「EMobileユーザー
    Willcomユーザー」「iPhoneユーザー」と表示されます。

  • 携帯サイトからの登録で、登録メールアドレスが携帯電話のアドレスではない場合には「携帯ユーザー」と表示されます。

Copyright (c) 2000-2010 不倫してみませんか?All Rights Reserved

MiSTY-NET Inc.

★お知らせ★

    当サイトは平成22年5月29日より掲示板システムをリニューアルして運営を再開いたしました。
    これにより、法律上の「インターネット異性紹介事業」には該当しないコミュニケーションサイトとなりました。


    (掲示板サービスを一時停止していた理由)
    平成22年3月に公安委員会よりサイトの利用者の年令確認の方法が違法であるとの指摘を受け、不本意ながら行政処分を受けサイトの改善を指示されることとなりました。
    しかしながら、サイトの変更に際して、ユーザーの利便性や操作性を損なうことなくシステムを再構築する為には時間的な余裕に乏しかったこともあり、突然ではありましたがやむを得ず掲示板を一時閉鎖するに至りました。
    そして今後のサイト運営に関して検討を重ねた結果、プログラムミス等によって再度の行政処分を受ける事のリスク面、人件費を含めたサイト運営にかかるコストの面、 さらには法律に則ったサイトを運営する為にはより慎重さを要求される事などを考慮すると、サイトの運営を断念するか?法適用外のサイトに変更するか?の二者択一以外にはないという結論に達し、最終的に後者を選択するに至りました。そして、その為に約二ヶ月間にもおよぶ長期閉鎖となってしまった次第です。

    (新システムが「インターネット異性紹介事業」に該当しないことの説明)
    従来のシステムは、ユーザー間のコミュニケーションは「電子メールを使用して連絡を取れるようにする方式」を採用しておりましたが、この部分の挙動が「法律上の異性紹介事業」に該当すると判断される要件の1つにもなっていたことから、変更後の新システムにおいては、公開されたウェブ上の電子掲示板(当サイトではこれを「伝言ボックス」と呼びます)上において、ユーザーどうしがコミュニケーションを楽しんでいただくことができるようなシステムに変更致しました。
    これにより、法のサイトの定義である「相互に連絡することができるようにする役務」の要件を欠くことになったことから、法律の規制を受けずに運営できるサイトに生まれ変わりました。
    因みに、異性紹介事業のサイトの定義にある「相互に連絡することができるようにする役務」の法解釈については
    「逐条出会い系サイト規制法」という解説本を参考にし、以下の解説からサイト改変の為のヒントを得ました。


    『インターネット上の空間に、2人しか入れない仮想の「個室」を設け、そこに入った2人の間だけでメールのやりとりをさせるツーショットチャット形式は、相互に連絡することができることからこれに含まれる。
    (文中の「これ」とは「相互に連絡することができるようにする役務」のこと)
    他方、公開された場のチャットやいわゆるレス方式(ウェブサイト上で、書き込まれた情報に対する返答・意見が順次記載されていく方式)については、当事者間の一対一の通信でないことからこれにあたらない。』

    (「逐条 出会い系サイト規制法」  福田正信著」 の13頁より引用)

    上記の解説から察するに、サイトの定義の『相互に連絡することができるようにする役務』とは、、
    要するに「電子メールや電話のような第三者が介入できない一対一でなされる通信手段を用いた連絡方法によって、ユーザー間での連絡を可能にすること」だと説明されております。

    また「ガイドライン」には以下のようにも説明されています

    『また、チャット等のうち公然性を有するものについては一対一の連絡ではないことから「相互に連絡」には該当しません。』 (「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン の3頁より引用)

    ガイドラインにおいても先の解説本の内容を表現を変えて説明しているだけなのですが、『公然性を有するものについては一対一の連絡ではない』とはっきりと説明されております。
    もちろん、インターネットにおける公然性とは、そのURLの知名度他サイトからのリンクの有無によって決まる訳ではなく、そのページを探し当てた者なら誰でも閲覧可能な状態にあることが「公然性を有している」ということになることは言うまでもありません。
    「そのページが不人気で誰からも閲覧されない」とか「リンクの張ってる場所が分かりにくい」からといって「公然性」を欠く要件にはならないということと同じで、サイトの定義である「公衆が閲覧することが出来る....」という「公衆公然」の解釈と共通した概念で差し支えないと思われます。

    さらに、ガイドラインのQ&Aには以下のようにも説明されています。

    (質問)
    サイト開設者がいわゆる返信機能を提供しなくても、利用者が書き込みの中にメールアドレスを記載すれば「相互に連絡することができる」ことになるのか。

    (回答)
    利用者が書き込みの中に勝手にメールアドレスを記載しても、サイト開設者が「相互に連絡することができるようにする」役務を提供しているとは言えないことから、このようなサイトは「インターネット異性紹介事業」には該当し ません。


    このように、当サイトの「伝言ボックス」は、こちらのページで「メッセージBoxID」を入力すれば、そのBox内のメッセージを閲覧することができるシステムになっており、直接URLを指定する場合は「https://furin.misty.ne.jp/mbox/(メッセージBoxID).htm」としてアクセスすることも可能ですから、伝言ボックスの機能が『相互に連絡することができるようにする役務』の要件を満していないことは容易に判断していただけるものと思われます。

    (伝言ボックスについて)
    伝言ボックスとは、[メッセージBoxID]ごとにメッセージボックスが用意されている連絡用の掲示板です。
    利用可能なメッセージボックスの数は数えたことがないので不明ですが、おそらく100000000000部屋以上になると思います。
    [メッセージBoxID]に使用できる文字は「数字とアルファベット」3文字〜11文字(アルファベットの大文字と小文字は区別されます)となっていますから、 簡単な[メッセージBoxID]の例としては「777777」とか「ABCDEFG」等が挙げられますが、このような[BoxID]を使用した場合は他のユーザーから使用中のボックスにアクセスされやすくなりますし
    逆に「sH02TjgYrf6」というような複雑な文字列の[メッセージBoxID]を使用すれば、他人からアクセスされる可能性は低くなると思われますので、ユーザー様の利用形態に応じて指定できるようになっています。

    当サイトの掲示板からメッセージを送信する時に、この[メッセージBoxID]をユーザーが任意で指定することができるようにしていますが、 [メッセージBoxID]欄に何も記入せずに空欄のまま送信すれば、システムが自動的に未使用のボックスのIDを作成してくれますので、 特に指定がなければ[メッセージBoxID]は空欄のままでご利用ください
    任意で指定した場合は、そのボックスが他人によってすでに使用されているボックスであっても、そのボックスの中にメッセージが書き込まれることになります。
    指定する時の利用法の例としては、ご自身がすでに使用しているボックス内で複数の相手とコミュニケーションをとりたい場合に[メッセージBoxID]を指定するといった利用法が考えられます。
    伝言ボックスのメッセージに対して返信すると同じボックス内に返信メッセージが書き込まれます。
    自分への返信メッセージが書き込まれた事はサイトからの電子メールによって通知されますので、わざわざ自分への返信メッセージがメッセージボックスに書き込まれているかどうかを伝言ボックスにアクセスして確認する必要はございません。

    (今後のサイト運営について)

    掲示板システムをリニューアルし法を回避した上で新たな形でサイト運営を始めた理由には、やはり法的なリスク面を解消することが目的でもありました。法律によると行政処分を受けた後に再度の違反があると刑事事件として立件されることになります。行政処分を受けたことの原因をあまりよく理解していない法律の素人にはこのことは非常にリスクのあることですので、個人での異性紹介事業の運営を一旦終了し、事業譲渡という形で新たに法人によるサイト運営に切り替えるためにもサイトの形態を変更する必要がありました。しかしこれによって法の適用を受ける事がなくなりましたが、全く法律を無視した運営形態をとるのではなく「特定情報を掲示板に掲載しない等」 今後の運営についても「出会い系サイト規制法」の定めに則ったサイト運営を行なっていくことには変わりありません。