ミスティーネット・UNIXコマンド講座 激安&高速レンタルサーバー登場!\nホスティングサービスはミスティーネットで!
homeコマンド検索ご利用について推奨環境リンクに関して免責・規約お問い合わせリンク集ホスティングサービスはミスティーネットで!!
コマンド簡易検索:   
UNIX講座

UNIX入門
ファイル/ディレクトリ
テキスト処理
プロセスについて
ユーザー管理
環境設定/確認
その他の便利な機能
ネットワーク管理
シェルについて
ディスク管理
システム管理
その他の機能
講座一覧


ラブラブメールでツーショット

優良サイトが多数リンクされているランキングサイト


HOME >> 環境設定・確認 >> その他の便利な機能
line
■ その他の便利な機能

リンクって何?
UNIX では、ファイルに対してリンクを作成することができます。
これは、Windows のショートカットMacintosh のエイリアスのようなもので、1つのファイルに対して複数のリンクを設定することができます。
リンク自体にはそのファイルの情報は記録されておらず、ファイルの設置場所の情報が記録されています。 リンクを実行することで、リンク先のファイルを呼び出すことができます。

リンクには、 ハードリンクシンボリックリンク の2種類があり、それぞれリンクの性質が違います。

ハードリンク
ハードリンクはファイルに複数の名前を割り当てる機能です。
複数のハードリンクがある場合、ファイルに対してはどのリンクも同じ扱いになります。
また、全てのハードリンクが削除されるまでファイルの本体は削除されません。 注意点として、異なるファイルシステムやディレクトリに対してはハードリンクを作成することができません。

ハードリンクのイメージ DirB のファイルを削除
─────→
ハードリンクのイメージ

ハードリンクでは直接ファイル本体にリンクされています。
そのため同じファイルが2つあるように扱われます。
全てのリンクを削除するまで、ファイルは完全には削除されません。


シンボリックリンク
シンボリックリンクは、ハードリンクと違って、ファイルの本体の位置情報を保管しているファイルで、ファイルの本体とは完全に区別されています。 シンボリックリンクでは、ファイルだけでなくディレクトリに対しても作成することができます。 また、ハードリンクのような制限がなく、異なるファイルシステムをまたぐリンクも作成することが可能です。

ただし、シンボリックリンクの場合にはファイル本体に対するパスを持っているだけなので、シンボリックリンクを残したままファイル本体を削除できてしまいます。 このため、本体が削除されたシンボリックリンクにアクセスするとエラーとなってしまいます。 ハードリンクは 「ls コマンド」 でリンク情報を確認することができますが、シンボリックリンクは確認することができないため、 自分でリンクを管理しておく必要があります。



リンクの作成
リンクを作成する場合には 「ln コマンド」 を使用します。

[ 書式 ]
ln   (-s)   リンク元ファイル   リンク先

ハードリンクの作成
% ls -l enter       ←── 現在のファイルを確認する
total 1
-rw-r--r--     1  yamada   102 Nov 24 21:22 sample.txt
%
% ln sample.txt sample.lnk enter
% ls -l enter
total 1
-rw-r--r--     2  yamada   102 Nov 24 21:22 sample.txt
-rw-r--r--     2  yamada   102 Nov 24 21:22 sample.lnk
                  ↑ リンクカウントが1ではないので、リンクされていることがわかる


シンボリックリンクの作成
% ln sample.txt sample.lnk enter
% ls -l enter
total 1
-rw-r--r--     1  yamada   102 Nov 24 21:22 sample.txt
lrwxrwxrwx     1  yamada   15 Nov 24 21:35 sample.lnk -> sample.txt
                  ↑ リンクカウントは1のままになっている




<< リンクについて HOME へ >>

line
Copyright (C) 2003 MISTY-NET UNIX Course All Rights Reserved .